​製造部門

N.Sさん(入社4年目

― ケイズに入ろうと思ったきっかけは?

私は転職で中途入社なのですが、以前は別の会社で化粧品の製造職をしていました。

元々、化粧品というのはトレンドは変わっていったとしても物自体はなくなることがない業界だと思って、化粧品業界を選んだんです。

 

ケイズのことは、前の職場で取り引きがあったのをきっかけに知りました。

転職には多少不安を感じましたが、頑張った分が待遇に反映されることや、会社に必要とされている実感があることなど、思い切って転職して良かったなと思います。

― 製造職のやりがいはなんですか?

製造効率をあげるための便利なツールや方法を模索して、

それが製品の仕上がりに反映されることがやりがいです。

 

例えば金属に触れたら傷がつく製品のために「PTFEテープ」という摩擦を軽減するテープを

導入した際、数ある種類のなかからベストなテープを見つけられたときは嬉しかったです。

 

もちろん失敗例もあって、以前足元に置く「疲労軽減マット」を導入したのですが

職場の人たちからは『ふわふわして落ち着かない』と言われたことも…(笑)

とにかくやってみないと分からないですね。

― どんな人が製造職の仕事に向いていると思いますか?

工場には全部で6つの生産ラインがあるので、広い視野で見ることのできる人が向いていると思います。

あとは、大変なことを顔や態度に出さない人です。

ラインの統括者として、トラブルが起こっても柔軟に冷静に、尚かつ、早急に対応しなければならないですし、必ず問題は解決しないといけません。製造部を支えてくださっているパート社員の方々と協力して円滑に業務を進めるためにも、この2点は特に意識しています。

― 工場内はどんな雰囲気ですか?

トラブルや不具合を見逃さないよう、みんな黙々と作業をしています。

でもスケジュールが順調に進んでいるときなどは、リラックスした雰囲気のときもあります。

きついだけだと仕事の面白味がなくなるので、適度なコミュニケーションは大事だと思っています。

― ケイズで働く魅力はなんでしょうか?

ケイズでは色んな会社のOEM製品を扱っているため、最先端の化粧品に出会えることがおもしろいです。

 

新しい美容成分をいちはやく知ることができたり、リピート製造の頻度から売れ筋の商品を知ることができたりなど、世の中のトレンドも知ることができます。

ケイズへの入社を検討している方へ

ケイズは現状に満足せず、

今よりもっと良くなる方法を考えている会社だと思います。

ですからこれから入社する方にもぜひ「向上心」を持って、

ケイズに来て頂けると嬉しいです!!